学校訪問してきました

先日の火曜日、横須賀市立養護学校へお邪魔してきました。

 

そちらの先生からプロパノータ購入についてのお問い合わせがあり、やり取りをしているうちに、

「じゃ、ちょっと学校に押しかけますから覚悟しといてください!」

てなことで、押しかけてきました。

 

なんかエライことになっとるの???

 

こちらの学校に通っている子のお母さんが、プロパノータを買ってくださり、それを学校の鈴木先生に見せて「学校でも買ってよ~」とおねだりしてくれたのが事の始まりでした。

 

早速鈴木先生から打診があったものの、いくつか種類があるし「どれがいいのかしら?」などなどから冒頭の

「あ~、も~、じゃワシがそっち行くから!」。

すごく乱暴に言えばこんな感じ。

 

葛飾から横須賀までどのくらいかあまり把握していませんでしたが、意外と遠いいのね。。

天気の良さもあり、学校周辺のの環境も抜群で「いいとこだなぁ」と思いましたが「冬は寒いんですよ~」ということでした。

 

今までも養護学校へはいくつかお邪魔させてもらったことがあります。

たいていどこの学校も音楽教育にも力を入れているようですよね。

生徒さんたちも身体に不自由がありながらも楽器はたぶん大好きなんだと思います。

なかでも打楽器類は、叩けば音も出るし感覚的にも十分使えますから打楽器類の保有率が高い印象があります。

メーカーによっては不特定多数の人がガンガン叩くようにと軽くて丈夫な太鼓類を出していますしね。

 

せっかくなのでプロパノータ以外にも、それらの太鼓類ではあんまり無いようなモノを触ってもらおうといくつかピックアップして持っていきました。

(と言っても打楽器奏者から見れば普通のものですけど)

 

当初は中学生の子たち14人と聞いていましたが、当日小学生の子たちも何人か参加するということで、合計20人ほど。

それならもうちょっと持っていけばよかったかなと思ったものの、さすがに取りには戻れないからなぁ。。。

 

さてさてそこで授業はどうだったかと言うと、みんなかわいくて面白かったですよ~。

鈴木先生がプロパノータの大筋を説明してくれたので、僕はひとまず音色をみんなに聞いてもらいながら補足の説明なんかを追加。

この段階では僕もまだ緊張気味。

自分の中ではもちろん授業の段取りは考えていましたが、実際その通りにはならないことが多いですから「出たとこ勝負」な面が強くなるのは仕方がない。

子供たちも最初はやや遠巻きから伺っている感じだったでしょう。

お互い少しずつほぐれていき、一気に距離が近くなったのはプロパノータのうっとり音色を付箋をつけたピコピコ音色にした時です。

それまでとは打って変わった音とリズムに大きく反応する子が何人もいたのを感じました。

やっぱりねぇ、ピコピコサウンドは気持ちいいんですよ。

踊りだす子もいました。

 

そのあとはプロパノータから離れて、みんなが見たこと無いであろう楽器のご紹介。

持って行った楽器の写真撮っとけばよかったけど、、、撮ってません。

ビリンバウ、キハーダ、フレクサトーン、チキン、ポーク、ビーフ、孫の手、露出ボックス、雨どい、、などなどだったかな。。。

半分楽器じゃないね。

お隣は校長先生

 

それぞれ手に取っていじくりまわしてもらいましたが、うまくできない子にも一人ひとりサポートで先生がついてくれていますので手を添えてくれたり、耳元で音を聞かせてあげたりとワイワイガヤガヤといい雰囲気。

このまま終わりでもいいかとも思いましたが、せっかくなので最後はすごく簡単なルールを設定してのいわゆるセッションにチャレンジ。

 

予想以上にまとまり、終わりの合図もなし崩し的ではなく、それなりの形を持てたので一体感も感じてもらえたかな。

最後はそれぞれの組ごとに写真を撮って無事に授業終了。

何人かの子が僕の手を取ってくれたことがとても印象的。嬉しいねぇ。。

 

鈴木先生に頼んで写真を撮っていただきましたが、子供たちが写るのはNGなので。学校内には今日の写真がバンバン貼られます。

先生たちも興味津々

 

看板を裏返すと・・

 

鈴木先生とのやり取りで「スヌーズレン」という活動を教えていただき、それを体感したいと思ってのですが、そこまでの時間の余裕はありませんでした。

スヌーズレンとは暗くした室内で、光と音を使ってのリラクゼーションするというもののようです。

通常はガムランやヒーリング的なCDで音を出しているそうですが、それをプロパノータの生音でやったらすごく効果的なんじゃないかと先生はにらんでいるそう。

僕もそう思います。すごく合うと思います。かなりのリラックス効果があるでしょうね。

さすがにピコピコサウンドではダメだよ、音色の深い音板2重タイプがよさそう。

 

昨今「寝る」イベントがあちらこちらでも開催されているんじゃないですか?

数年前のまだ静岡にいた時代ですが、森の中にハンモックを吊るしプロパノータの音色を聞きながら寝るというイベントを何度か開催してもらえました。

風のざわめきや鳥のさえずり。

ハンモックに揺られながらプロパノータの音がかすかに広がる。

あー、ベリーグッド。

 

4月にまた静岡でやります(詳細はまた後程)。

 

終了後、校長先生ともお話させていただきました。

致し方ないことではありますが学校は何かモノを購入するときなかなか手続きが大変なようですね。

無事予算が通るとエェなぁ。。

そしたら納品名目でまた押しかけないといかんね。