プロパ・ドゥ

ツボはツボでも「ボワァン・ボワァン」いうツボ

「ウドゥ・ドラム」。西アフリカ発祥のツボ楽器。

本来は陶器で出来ています。ボディに空いた穴を叩くというよりも軽く「塞ぐ」ことにより「ボワァン」という独特の低音が出ます。

低音の一方、ボディ表面を叩き「カンカン」とした乾いた高音も使いリズムを作っていきます。

とても魅力的な音ですが、陶器の物は壊れやすく取り扱いに細心の注意が必要ですよね(落として割ってしまった人を数人知っています)。

プロパ・ドゥはその点もともとガスボンベ。落っことしても壊れません。

現在はグラスファイバー製のウドゥドラムやアルミ製のウドゥドラムもあります。

アルミ製ウドゥ⇒Aludu

どちらも軽量、ぶつけたことろで壊れるようなモノでもありません。

鉄製は私の知る限り「プロパ・ドゥ」だけかもしれません。

一番の特徴でもある「低音」の具合は、素材によってさほど変わるものではありません。

何よりもサイズが関係しています。

一方、ボディ表面を叩いて鳴らす「高音」に関しては、素材により大きく違いがあります。

グラスファイバー、アルミ、はひと言で言えば「プラスチック」の音。

陶器や鉄製のモノはもっと「甲高い」音が出ます。

元々は西アフリカのナイジェリア「イボ族」が使っていたものをヨーロッパ(おそらくドイツのシュラグベルグ)のメーカーが世に広めたものと私自身は認識しています。

他のどの楽器の音ともケンカせず、エキゾチックな雰囲気を醸し出す唯一無二の楽器

演歌からアニソンまで実に多くの曲に使われているのですが、何と言っても存在が地味(見た目はインパクトありますが)。

表にはあまり顔を出さない楽器です。

そんな地味なヤツですが工房に来た人の中には、プロパノータ以上にウドゥにハマる人もいるのです。

唯一の欠点は「生音が小さい」。

大きな音を出そうと力を込めて叩いても逆効果。これは打撃音ではなくツボの中の空気が先端のネックより飛び出てくる音だからです。

プロパ・ドゥもやはり優しく鳴らすことが重要です。

小さな空間でもマイクを使ってのパフォーマンスが主流の昨今。

ウドゥも人様の前での演奏となると、マイクが必要になるでしょう(ふろ場や洞窟など、音の反響に優れた場所ではマイクは無くてもイケるかな)。

参考までにウドゥのみの曲(?)をご覧ください(ヘッドフォンがないと低音は聞き取れないと思います)。

【 プロパ・ドゥ 】  サイズ大は製作終了となりました

《 プロパ・ドゥ 》 

あくまでも優しく

生音が小さい楽器ですので、大きな音を出そうとして強く叩くのは逆効果です。

ボディの穴をふさいだ時に空気が移動し、ネックから独特の「ボワァン」という低音が出ます。

あくまでも「軽く塞ぐ」程度を心がけることが大切です。

  • どんな楽器の音ともケンカしない懐の深い楽器。
  • 見た目のユニークさもあり、インパクトの強い楽器。
  • 金属の特性を生かし、アクセント音の追加なども可能です。
商品コード PD
価格 ¥13,200 (本体価格¥12,000 ) 送料無料
直径 約22cm
高さ 約20cm
重さ 約3kg
付属品 台座

アバンギャルドな「カスタムペイント」です(追加費用有)。

なんでこんなになっちゃった??⇒ブログ

《 ブログ 》