6音階のプロパノータ。
音の数が少ないので「曲の演奏」は不向きですが、その分自由度が高くアイデア次第で様々な使い方が出来ます。