9/12,13 大阪「癒しフェア」に出展します

来週末、9月12,13日大阪にて開催される「癒しフェア」に出展いたします。

 

「癒しフェア 2020 in OSAKA 」

 

本来は2月の開催予定でしたが、コロナでいったん6月に延期。

再びの延期で9月の開催となりました。

 

大阪まで行けば経費もかかりますし、来場者の人数制限も当然あります。

「言ってどうなるかなぁ・・・」

と、私も直前まで出展するかどうか迷いましたが、行くことにしました。

 

今回は通常サイズのモノもありますが、手のひらサイズのものを少々持っていきます。

「カリンバ」

「ちびプロパノータ」

 

ちびプロパノータに関しては、HPでもチビッコサイズのカテゴリーがありますが、それとはちょっと違います。

単純に円盤型で手のひらサイズ。

 

「小さいもの」は中国製などが出回っており、自分でも「単に小さくするだけでは面白くない」と思っていました。

そんな折の昨年秋ごろ、友人から「毒キノコをモチーフに作ってよ。ついでに中にライト入れてサ」と言われ、そのくだらなさが気に入りました。

これについては以前ブログにも書きました。

 

毒キノコと言えば、もっともポピュラーだと思われる「ベニテングダケ」。

赤に白い斑点模様。

まぁ、ここまでは良かったんですが白い「柄」の部分で困りました。

なかなか良い部材が見つからない。

かと言って自分で加工するのは難しい。

ちょうど良いモノを見つけましたが「白」がない。。。

 

どうしようかな。。。

結局その友人も今では「そんなこと言ったよね」程度だしね。

 

しかし、純粋に手に持って音を出すと、手のひらになじんで具合もいい。

キノコ云々はともかく、今後の見通しを計るべく、大阪にて直接お客さんのご意見が伺えればと思っています。

 

ちなにみ中国製の小さいものとサイズはほぼ一緒ですね。

この中国モノは、昨年の「大阪癒しフェア」に調査に来ていた中国メーカーの社長からプレゼントされたものです。

チャイナは8音。

画像のプロパンも8音。

音の数よりもそれぞれの音の「鳴り」を重視して、6音の方がいいかと感じています。

 

しかし、キノコっていろいろな色があるんですね。

緑、青、紫、黄色・・

 

ちょうど具合の良い「柄」の色は「緑、青、赤、黄色」。

キノコの「カサ」の色で考えるよりも「柄」の色で決めた方が何かとイージーかな。

 

ちなみに今回のキノコカラー「緑、赤、青」。

緑には光るキノコの「シイノトモシビタケ」

青は名前が美しい「ソライロタケ」

でもソライロタケっていうくらいだから青よりも「水色」ですね。

まぁ、あくまでもモチーフです。

 

中国製(白)スガイ打楽器製(青)

 

 

カリンバ各色(サイズ約10cm×13cm 厚み2,5cm)6音