ネットでスリットドラムを買う際に気を付けたいこと。その③「アフターサービス」について

ネットでスリットドラムを買う際に気を付けたい3つのこと。

 

その①「音」

その②「サイズ」

に続いて、その③は「アフターサービス」について。

 

「アフターサービス」

 

これはそのものズバリであまりご説明する必要はないかと思います。

 

「結論」

アフターサービスがある方がいいに決まっている!

 

楽器、に限りませんが様々な業種、形態でアフターサービスはありますね。

 

ネットで購入する場合、非常に大きな利点のひとつに「ワンクリック」で購入可能という事が言えます。

お部屋に居ながら様々な商品を見比べ、気に入ったものを「ポチ」ですね。

とても「イージー」。

 

しかし誰でもイージーだからと言って、つまらないものを購入したくはないハズ。

また、「安いけど悪かろう」もイヤですよね。

 

そうは言っても現実的にネット上の商品は「玉石混合」が多いと聞きます。

「商品レビュー」もやらせが横行しているとかなんとか・・・

 

「ネットでスリットドラムを購入」という事に関して、私は大半が中国製のモノと想定しています。

何故なら、圧倒的に数が多いから。

 

スリットドラム自体は楽器店で「どれにしようかなぁ・・」なんて「いくつもの中からお気に入りを選ぶ」という段階に至っていません。

中国製品以外の、いわゆる工房製品であっても結局はネット購入が中心です。

日本国内では私が把握しているだけで3メーカー(スガイ打楽器製作所含む)。

メーカーと言っても全員個人で製作している方です。

 

どうせなら「大量生産品よりも職人が作ったものがいい」と思ったとして、検索しても一様にズラリと検索結果に上がるわけではないです。

何故なら、それぞれが違う名称で売り出しているから。

これは外国製品に関しても同じ傾向です。

 

一応国内で製作されている方々のリンクを付けておきます。

ガンクドラム

さざなみドラム

 

それぞれの名前を知らなければなかなかそこに行きつけないかもしれません。

プロパノータという名称は知らなければ決して検索されません。

私自身、プロパノータというよりもより広いキーワードの「スリットドラム」を使うようにしていますが、それでもグーグル検索では上位に来るのはアマゾンや楽天で販売されているものばかりです。

以前は2ページ目に記事が出てきていましたが、最近は遥か後方に追いやられてしまったようで、なんとも。。。

 

そんな状況ですので、自然と皆様の目に留まるのは中国製品が大半かと思います。

 

その中国製品が個別にアフターフォローなんかしてくれると思います????

 

仮に対応してくれたとしても、はっきり言えば中国製品を選んだ大きな理由はその「安さ」ではないでしょうか?

「安い」=「悪い」かどうかはわかりません。

しかし、アフターフォローを求めてメンドクサイことをするならば、また買っちゃったほうが楽ですね。

 

と、いうか、楽器が壊れたりしたらむしろそのまま楽器を辞めてしまう方の方が多いんじゃないかと思っています。

そもそも「安さ」で選んだ方がそこまで楽器にハマるとも考えにくい。。。

 

これも「楽器」に限ったことではありませんが、趣味の世界ですから「始めては見たものの長続きしない」なんてことはザラにあるでしょうしね。

「辞めちゃう」のは普通のことだと思います。

 

もっとも、最初のとっかかりとしてハードルは低い方が良いと思いますので「安いもの」を選択することは決して悪いことだとは思いません。

「お試し的」でもなんでも、まずは大きな一歩だと思います。

 

熱中の度合いとして最初は「手ごろなもの」から入り、次第に熱を帯び「さらに違うモノ」へと手を出すようになれば「ラッキー」です。

熱中度が上がった証拠ですね。

 

もしそうではなく、気に入った楽器を購入された場合、やはりアフターサービスは重要です。

 

この楽器は「金属製だしチューニングもずっと保たれる」「メンテナンスフリー」だとお思いでしたら間違いです。

チューニングは他の楽器同様に「狂う可能性があります」。

 

使用後のメンテナンス、に関しては特に何もせずともオッケーです、と言いたいところですがコレはメーカー次第かも。

使用後のメンテナンスに言及されているところもありますからね。

 

日ごろのメンテナンスはともかく、音が狂った時に「直してもらえるかどうか」。

 

「直してもらいたい!」と思う場合、それだけ「楽器への愛着も生まれている」と思われます。

せっかくそこまで行ったのならば、もっと続けた方がより楽しめますよね。

上手くいけば一生楽しめるモノなんですからねぇ。

 

そんな時に「直せません」と言われたらガッカリではないですか?

 

スリットドラム自体の特徴「響き」は正直なところ、それほど大きな差はないと思います。

どのメーカーであっても「美しい音色」は味わえるでしょう。

つまりどれを買っても「音に関して」の大きな外れはない。

 

各メーカーは「出来ればずっと楽しんでもらいたい」と願い製作していると思います(チャイナはそんなことなさそうだけど)。

いやいや、他の方の気持ちも他人のことだからワカランねぇ。。少なくとも私はそう思っていますに変更。

 

買った当初ではなく、それからが大切ですので、アフターサービスの面まで含めて検討される方が良いですね。

 

もちろん「安いものを使い捨て」にして、「どんどん買い直し経済を回す」という考えもおおいにアリだと思います。

(でもその程度では水不足のダムにスポイトで水を足していくようなもんだね。壮大すぎる)

 

以上、「ネットでスリットドラムを購入するときに気を付けたいこと3点」と題してご説明してみました。

皆様のご購入時の参考になれば幸いです。

 

また気が付いた点があれば追加していきます。

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

その①「音」についてはコチラ

その②「サイズ」についてはコチラ

<

プロパノータ

在庫からのご購入はこちら

プロパノータ

個別注文はこちら(製品一覧)

p>