レンタルをするにあたっての逡巡

9月より試験的にプロパノータのレンタルサービスを開始いたします。

2週間と短い期間ですが送料以外の料金は掛かりませんので、気になる方はぜひこの機会にご利用ください。

 

レンタルサービスを開始するにあたり、思い悩んだ点はやはり「レンタル料金」をどのように設定するかでした。

 

そもそもレンタルに至った経緯は過去にもブログで書きましたが、近所のピアノの先生の一言でした。

「ピアノのレンタルは一カ月間2000円程度でありますよ」

 

聞いた時にはその価格の安さにちょっと驚きました。

 

それをきっかけにプロパノータのレンタルの検討を始めましたが、当初は

「1カ月間で3000円」を見込んでいました(送料は別)。

往復の送料が掛かるので結果的に「5000円前後」になるかと思います。

 

件のピアノの先生が来た時にレンタル料のことを話すと即座に

「高いっ!!!」

でした。。。

 

ひゃ~~~~~~~マジっすか・・・・・・

 

そりゃ、ま、利用者側としては安いに越したことは無いでしょうが。。

 

その後も何度か工房に来られた方にお伺いをしてみたところ

「妥当」「安すぎ」「無料」・・・

まぁ当然人それぞれですね。

 

「無料派」の言い分は「1台でも購入につながれば御の字」ということ。

それはそうでしょうが、私はそんな楽観視はしていません。

むしろそれは「ない」と思っています。

 

ですので「レンタルから購入」の目論見は捨て、純粋に「レンタル料」でいくばくかの儲けを得る。

もっとはっきりと言えば「家賃を稼ぐ」ことを主目的にしました。

これはもちろん「ビジネス的」に考えれば当然だと思います。

私は金銭的に助かる。

利用者はひと月間すきに使える。

 

どちらにとりましても悪いことではないと思います。

それに「3000円は高いなぁ」という方よりも、お金を出してでも借りてくださる方のほうが嬉しいもんね。

 

そんな風に考えていましたが、気が変わりました。

 

「金は天下の回り物」

 

そのように言われていますが、残念ながら私には回すほどのカネがない。。

ワシにできることは、プロパノータを回すことぐらいってコトですよ。

 

まだまだ少量ですが、ぜひご利用ください。